スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ERの見学をしてきたよ。

先週、ER(救命救急室)の実習に行ってきました。夕方5時から朝8時までみっちり。
「拘束時間15時間と言っても所詮一年生の実習なんだからどっかしらで寝れるだろう。去年行った先輩は患者さんほとんど来なくてずっと待機室でだべったり寝たりしてたって言ってたし。おほほほほほ」と思ってたのに、たまたま結構忙しい日に当たってしまって次から次へと急患来るんで、次から次へと見学してたら結局一睡も出来ませんでした。最後の方眠すぎた……。フラフラしながら朝日の中帰りましたよ……。
こんなことで卒業後の研修医期間(一日15時間労働とか当たり前のスーパー奴隷タイム)を乗りきれるのか心配になりました。


面倒見てくれた先生が「今日はヤク中、アル中、やけど、喧嘩、交通事故とフルコースだなぁ」って言ってたんで、色々見れてラッキーと言えばラッキー(というのもなんですが…)でしたねぇ。

骨とか見えてたりしたら自分結構ビビっちゃうんじゃないの、って思ってたんですが、実際見てみるとそうでもなかったです。「あらまぁ」ぐらいで済ませれた。
こういうのって場の雰囲気によるんだろうなと思いましたけど。スタッフさんたちが淡々と黙々と処置してたんで自分もそんな気分になったっていうか。逆にそういうの目にして叫んだりしてるような非医療者に囲まれてたら自分もちょっとビビっちゃうかもな、とか。

実習中、先生に言われたのはとにかく「女は強い」ってことでしたw
曰く、「今まで血を見てフラフラ倒れちゃった学生は全員男子で、女子が倒れたのは見たことがない」「女の患者さんは2000mlぐらい血ぃ流してても意識あるけど男はその半分くらいの量で意識不明になる」「救急に運ばれても女の患者さんは次の日にはもう歩いてることが多いけど男は一週間ぐらい寝こむ」「分裂症の患者さんがスタッフに殴りかかってくることがあるんだけど、女の方がフルパワーで来るから押さえ付けるの大変。男はそうそうフルパワーって出せない」などなど。
やっぱり女には出産があるから生物として男より逞しく出来てるんだろうな、と思った。

あとその面倒見てくれた先生がやっぱりすんげぇタフなんですよ。見学してただけの、私たち若い学生がもうへとへとなのにピンピンして、処置室の中走りまわってるんですよ。
けどその先生が「女のナースにだけは勝てない。あいつらの体力おかしい。見てみなよ、今もピンピンしてるでしょ。あいつら30時間労働のあとに焼肉行ったりゴルフ行ったりしてるからね。おかしい」と言ってたのでやっぱりナース凄い。


あとはまぁ、人が亡くなるところ、というか死亡確認の場にも居合わせたんですが、やっぱりなんだかやるせない気持ちになりました。その後はご遺体を綺麗に洗って、着替えさえて、ご遺族に説明・引き会わせして、葬儀屋さんに引き渡してお見送りして、ってところまで付きあわせてもらいました。
外傷は多少あるにせよ、外見は生きてる人とそこまで変わらないのに、亡くなってるとやっぱりピクリともしないんですよねぇ。見た目の違いはそこまで大きくないのに、ピクリとも動かないという違いだけで、その間の生死という隔たりがあまりにも大きくてなんだか不思議な気持ちになりました。

シートベルトはねぇ、やっぱり大事ですよ。ちゃんと正しくつけた方が良いですよ。マジであれは生死を分ける命綱だというのを実感しました。





拍手お返事!
>satoさん

>女性の医師や看護師さんは感覚がわかっているからか逆に処置がぞんざいだったり自分の価値観を押し付ける感じがしたりする方もいて、個人的な経験からは「当たり外れが激しい」気がする

おぉ、言われてみれば確かに……。女性って同性に対してシビアなことが多いですしね……。
男性に対しては、最初っからあまり期待が無いから期待外れでも大して腹が立たないってのもあるかもしれませんw
少なくとも私はそうですw

それにしても、女性弁護士さんもやっぱり同性の顧客から期待されてりすることってあるんですねぇ。
結局、女は何の仕事に就いても女であるっていう期待とかしがらみから抜け出せないものなのかもですねぇ。将来的にどうなるかはわかりませんが、少なくとも現段階では。
スポンサーサイト
19:27 | 未分類
comment(2)     -
comments
 お久しぶりです。転職の件ですが、ものの見事にお祈りされました。・゜・(/Д`)・゜・

 このオレを 雇わないとは 目が高い

なんてサラリーマン川柳がありましたが、くそっ、意外と面接官も見る目がありました。今どきの大学生はこんなお祈りなんてそれこそ何十何百と耐えてきてるんでしょうから、高々一度くらいで気落ちしても仕方ないですね。
 
 とりあえずまた来年、再起を期します。

 いい機会なんでちょっと語学を頑張ってみようと思います。こないだ仕事で一週間ほど外人と一緒に行動したんですが英語には結構自信あったのに全然通じなくてへこんだので、また一から勉強しなおします。
2011/10/27 19:48 | | edit posted by ほるめす
>ほるめすさん

そうでしたかー…。お疲れ様でした…!
おそらく一生同じ仕事をすることになるであろう私からすると、転職する人の勇気に感服してしまいます…。
良い転職先が見つかることをお祈りしてます!

今何故か周りの仲良い人たちに英語出来る人たちがいっぱい居るんですよー。アメリカの高校行ってたとか、アメリカの大学卒業してから医学部に再入学してきたとか、高校時代にTOEICで830取った19歳の女の子とか、育ったのは日本だけど英語が母国語な元・台湾人(日本に帰化済)の先輩とかw
彼ら、彼女らが英語でペラペラーン!と留学生と喋ってるところとか見てしまうとやっぱり英語喋れるのが羨ましくなります。
クソ度胸だけはあるので、英語に自信無いわりに外人さんと話してみたりとかはしてるのですが、やっぱり私ももうちょっとちゃんと喋れるようになりたいものです。ちょっと真面目に英語勉強しようかなぁー。
2011/11/09 00:37 | | edit posted by 瑞希@管理人
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。